ローンの返済遅れ

もしも、ローンを利用したけれど、返済が追いつかなかったりすると、何が起きるでしょう。当然ながら、ローン会社から借りたお金は、金利に基づく利息をつけて返済をします。借りたお金を返さなければいけないことは理解しているけれど、手持ちのお金がないことがあります。
たとえ、やむをえない理由があったにしても、返済が滞れば、事故情報として記録に残ってしまいます。返さなければならない日をつい忘れていて、2日ほど伸びてしまったということは、起こりえることです。1週間以上遅れてしまう人は、すでに返済不能な状態にあることが多いのです。返済しなければいけない日までの入金ができていない場合は、相応の延滞金を支払うことになります。
結果的に、期日通りに支払えば済んだ金額より、高額の返済をしなければならなくなります。返済日をオーバーすればするだけ、最終的に支払わなければならない金額が、多くなってしまう仕組みです。借りたお金を確実に返せるようにしておくには、事前に支払い額を確認し、計画を立てておくことです。決まった日までに借りたお金を返済できないと、借入枠の増額や、新規融資の申し込みなど、審査が必要なものが通らなくなってしまいます。ローンの返済が遅延してしまうとメリットは何一つないため、無理なく返せる範囲で、お金を借りるようにしましょう。

ローンの担保

担保を用意することで、高額のローンを利用するという手段があります。担保があれば、返済不能に陥った場合でも担保を売却するという手段が残りますので、ローン会社としては安全策になりえるのです。担保は大きく分けると2種類あります。1つは物的担保、もう1つは人的担保です。
連帯保証人や、連帯債務者が人的担保であり、不動産や、証券が物的担保です。もしも、借りたお金が返せなくなると、物的担保を売り払って、そのお金が返済になります。お金を借りる時に、万が一借りたお金が返せなかったら、この土地や証券を売り払って返済費用に回しますという取り決めを交わすのです。物的担保のいいところは、どのくらいの価値があるか大体見積もれるという点です。いい担保を用意することができれば、貸付金利も低くしてもらえますし、まとまった金額を長期間借りることも可能になります。
もしも担保として物件を提示した場合、審査の時点で担保の価値を評価してもらい、妥当な条件を割り出した上での貸し付けになります。新しく家を建てる時には物的担保を使いやすいのは、土地や建物は債権回収がやりやすいためです。ただし、担保を用意した時のローンの審査はどうしても時間がかかっていますまので、まとまったお金を借りたい時にかやりません。担保を立ててのローンは、教育ローンや、現時点でのローン返済にあてる人もいます。

住宅ローンの試算

住宅ローンはどうしても大口の借り入れになりますので、返済プランをしっかり立ててから融資を受けることが大事です。どんなことに留意をして、住宅ローンの試算をするといいのでしょうか。一般的なローンと、住宅ローンとでは、頭金や、手数料など、色々な部分でお金の内訳が違います。必ずチェックしておきたいポイントの1つとしては、ローンを組んだ時に必要となる保証料です。保証料は、融資を受ける時に支払いますが、借り換えや、返済の前倒しを行うと、一定量が戻ってくる仕組みです。
最初のうちは、全額返済まで30年かかる見通しだったら住宅ローンを、15年で返済すると、保証料が返ってくるわけです。住宅ローンは、返済残高に対して保証料をかけています。そのため、最初に払った保証料が、そのまま戻ってくるということではないことに注意です。住宅ローンの手続きをする時に発生する費用は、保証料以外にもありますので、あらかじめ確認しておきましょう。資産を行う時には、諸費用に関しても考慮に入れておくことが大事になります。
諸費用はローンの手続きをした際に必要になるものですが、返済が完了するまではずっと金利がかかるので、より多くのお金が必要になります。どんな諸費用が発生するかは、金融会社によって違っていますので、ローンの試算をする時にはとても大事です。早い段階で住宅ローンを全額支うと、返される精度もありますので、色々な条件を想定しながら試算をするといいでしょう。

ローン試算は金融機関のサイトで

ローンを利用してお金を借りる際には、詳細な試算をしてはじめて、最適なローンを選択することができます。もともとは、ややこしい計算が必要になるかずのローン試算ですが、この頃はシミュレーションサイトを使えば確実にできます。高額な買い物をしなければいけない時が、ライフイベントの中ではたびたびあります。
自動車を買う時に、不動産を買う時は、手持ちのお金で支払いきれないような場合でも、ローンを利用することで大きな買い物が可能になります。完済まで何十年もかかることもある住宅ローンの場合、全額を返し終わるまでにどんなリスクがあるかも考慮に入れる必要があります。ローンの返済シミュレーションをする場合は、借入金や金利だけでなく、月々の返済金額や、ボーナス時のまとめ払いも試算に加える必要があります。ローンの返済額と返済年数を計算したいときは、金融機関のサイトにあるシミュレーションを利用すると便利です。
ローンのシミュレーションが可能なサイトは、金融会社のホームページや、ローンの比較サイトなど、様々なところにありますので、簡単に利用できます。専用のフォームに、月々の返済額と、融資希望金額と、金利を入力して試算のボタンを押せば、完済までに要する期間を知ることができます。サイトによっては、貸付限度額までいくら余裕があるかや、今の収入で借り入れ可能な金額を試算することも可能です。金融会社によって、設定されている金利は異なっています。返済負担を軽減するためには、低い金利で融資を受けられるところを探すことです。できるだけお得にローンを使うためにも、金融会社ごとの貸付条件を見比べたり、借り入れ前に試算をして確実に返済ができる借り方を心がけましょう。

自動車ローンの試算はしっかりと

自動車ローンは、購入したディーラー独自のローンと銀行や信販会社、信用金庫等の金融機関で取り扱われているローンとに分けられます。新しく車を買う時に、ディーラーから、自動車ローンの提案をされる可能性が少なくないようです。ディーラーに勧められるとつい勢いで契約したくもなりますが、まずは貸付条件をチェックして、試算をしてから借りるかどうか決めましょう。
自動車を購入したディーラーでローンを組む場合には、金利が高くなっているケースが良くあり、他の金融機関のローンと比べて、利息が多くことがあります。自動車ローンは大口の融資になるため、ちょっとした金利差が大幅な利息の差になることがあります。金利が高くても、車検や法定点検をディーラーの整備会社で受ければ、料金が優遇されることもあります。自動車のディーラーで行われる修理等のメンテナンスの費用が軽減されるというメリットがあります。ただし、金融会社が行っている自動車ローンのほうも、期間限定で金利が安くなったり、割引率が上がったりします。
自動車を購入するためにローンを組む場合、金利の低いところから借りられれば言うことはないですが、融資を受けたいと思っても営業時間に自由に行動できない人もいるようです。ネット銀行の場合は、サイトから時間に関係なく手続きが行えるので、大変便利です。このため、自動車ローンの検討をする時には、借りたローンの返済以外にも、車検や整備費用についても考えなければなりません。自動車ローンといっても、取り扱う所に金融機関によって様々な優遇措置があるので、事前の試算をしっかり行って、最適のものを選択しましょう。

住宅ローン選び

住宅ローンをどうするかは、新規に家や土地を買う人が、考慮しなければいけないことです。家を購入するにはまとまったお金が必要になるので、住宅ローンを利用する場合がほとんどでしょう。住宅ローンを選ぶ際に一番きになることは、ローンの金利です。ローンの金利とは、借入金に対していくらの利息がつくかを算出するための数字ですので、低ければ低いほど望ましいものです。
住宅ローンは、大口の借り入れになる上に、完済まで長い時間を要するものがほとんどですので、わずかな金利差でも利息の差は大きくなります。数年ごとに金利が見直される変動金利制と、完済まで金利が変わらない固定金利制のどちらかを選ぶことになります。必ずどちらか片方を選ばなければいけないわけではなく、序盤は固定金利で後から変動金利になるタイプや、変動金利と固定金利を半分ずつにするタイプもあります。住宅ローンを選択する際、金利は最重要項目でもあるので、金利の種類によるメリットやデメリットについて確認しておきましょう。最終的に同じ額を返済するという見方をすると、当然のことながら住宅ローンの金利が低いほうが価格の高い住宅を購入できるということになります。
変動金利タイプや、固定期間選択型の金利のほうが、固定金利型の住宅ローンよりも金利が低く設定されていますが、後々金利が上がるリスクがあります。全期間の間固定金利で借りる場合は、変動型よりも高金利になりますが、最後まで決まっている金利で返済なので、見通しが立てやすくなります。変動金利で借りるか、固定金利で借りるかも、住宅ローンを選ぶ時には考えなければいけない部分になります。

住宅ローンの返済方法

住宅ローンの返済には、大きく分けると元利均等返済と、元金均等返済があります。両者がどう異なるのかを把握している人は多くないようです。工務店を選び、場所や住宅のプランを決め、将来のライフサイクルを見直すなど、家を買う時には住宅ローンと並んで、決めるべきことがいっぱいあります。元利均等返済とか元金均等返済とか聞くだけでも難しく感じられるので、できれば遠慮したいところです。
契約を交わしてから、やっぱりやめればよかったと思わないように、きちんと内容を理解しておきたいものです。住宅ローンでは月毎に決まった金額を返済していくことになりますが、合計額は毎月同じになるように、元金と利息を決めるのが元利均等です。毎月返済する金額は、金利が据え置かれている限りは、毎月同じ金額を返していくことになります。一見すると、毎月同じ金額をずっと返し続けていくことで完済できるというわかりやすい住宅ローンの返済方法なりますが、その実、利息と元金の割合が少しずつ変わっていきます。最初のうちは、利息の返済割合が多くなりますが、だんだんと元金の返済のほうが多くなっていくという構造になります。元金均等返済の場合には、返済する住宅ローンのうち元金部分が均等になっています。
元金均等方式は、返済する元金が決まっているので、支払う利息が多ければ多いほど、月ごとの返済金額が変わっていくという形になります。返済をやり始めたころは元金も大きいので利息も大きいですが、返済が進み、元金残高が減っていくと、利息の金額自体が少なくなります。元金返済方式で返済をすることで、返済が始まったばかりは月々の返済金額も大きいですが、返済が進めば進むほど、毎月の負担額が減るという強みがあります。

ローンの金利をシュミレーションする

借金には利息がつくことが原則です。借りた金額に、金利に基づく利息を足した金額を、返済するという形になります。具体的にいくらの利息がつくかは、金融会社ごとに差がありますので、できるだけ利息が少ないところから借りたいものです。金利から利息を計算する方法は複雑てすので、金利を見ても、返済額のイメージがわく人は滅多にいません。そのため、ローンを使う時には、金利のみで判断するのではなくて、元金と金利から利息を計算してみて、返済が可能か確認する必要があります。
シュミレーションをしてみることで、金利がほとんど変わらないように見えたとしても、返済総額に大きく開きがあることに気づくこともあります。ローン会社でシュミレーションをしてもらってもいいですし、シュミレーション計算用のサイトもあります。自分が返済できる範囲の借入条件とはどんなものかを知るために、シュミレーションを活用するというのもいい方法です。シュミレーションをするために必要なものとして、幾らの借り入れを、金利何%で、いつまでに返済するかがあります。
どんな条件で借入をしたいかを決めることで、残った条件を満たす数字を算出できるのがシュミレーションの方法です。インターネットのシュミレーションサイトで、簡易な試算ができるというページもあります。ローンの比較サイトや、金融会社のサイトにつくられており、必要事項を入力するだけで簡単にシュミレーションができます。シュミレーションをして、借りたお金に利息をつけて返済し終わるまでの計画をつくることが、ローン選びでは必要です。

ローンの借り換え

もしも、ローンの借りかえを検討しているなら、事前に入念なシュミレーションをしておくべきでしょう。シュミレーションを正確にすることで、借り換えのメリットがあるのかどうかが分かるようになります。手数をかけて借りかえをしたけれど、得になる部分は全くなかったという可能性もあるためです。ローンの借り換えを上手にすれば、支払い総額や毎月の返済金額を少なくすることができるので、返済が楽になります。借りかえのいいところは、返済総額を少なくすることができることです。
しかし、条件を見誤ると、逆に返済総額が多くなってしまうことがあるのです。今が借りかえすべき時なのかを判断するためには、正しくシュミレーションをすることが欠かせないことです。ローンのシュミレーションをする時には、発生する手数料についても、計算に含める必要があります。借り換えに伴って金融機関には手数料を払う必要が出てくるので、借り換えで金利が低くなったとしても、その手数料分を加えてみると返済総額に殆ど差が無い場合もあります。
毎月の返済をしやすいように、月々の返済金を低くすると、完済までに期間を要する分利息がふえて、返済総額が大きくなるでしょう。ローンを利用している場合、完済するまでずっと同じ金融機関を利用しなければいけないわけではありません。返済が済んでいなくても、他の金融会社への借りかえをすることができます。約束に反したことをしているわけではありませんので、必要とあれば、借りかえも検討していきましょう。

車のローン購入は簡単で便利

申込みが簡単で、審査に通りやすいことから、カーローンを利用して自動車を購入するという人は大勢います。自動車を初めて購入する人で最初から現金で一括購入できるという人はそうはいないと思われます。車一台を新しく買おうとするとかなりの出費になりますので、自動車ローンを組んで金融機関からお金を借りるというスタイルが定番です。自動車の販売ディーラーによっては、子会社にローン契約をさせるための金融会社を持っている場合もあります。
営業担当者の中には、車を買う時に、同時に自社の子会社が扱う自動車ローンを使うように勧めてくる人も少なくありません。ローンの条件は色々なものがありますが、自動車ローンについては、残価設置型ローンというものがあります。残価とは、何年後かに車を売却する時にいくらぐらいになるかを、あらかじめ設定しておくというものです。ローンの支払いも、その時までと決めておいて、返済の一部を車の売却で充当します。残価設定型のローンを用いれば、ローンの金利は車の購入代金の全額に対して設定されることは無いので、利息が安くなるメリットがあります。本来の自動車の価格から残価の分が差し引かれるため、完済までに必要な金額も小さくなりますし、利息も減額できるという利点があります。
購入した後は、一定期間経過した時に、その残価を一括で支払うか、手放して自動車を売却するかの選択に迫られることになります。残価設定型ローンの場合、売却に際して改めて車の価値を査定したところ、設定していた残価ほどの価値がないという結果が出れば、車を売却した上で、不足している分のお金を支払わなければならなくなりますので、注意をしましょう。どんなローンを組めば、自動車の購入をスムーズに行うことができるのかは、個々人の状況によっても異なってきますので、よく考えることが大事です。