中古車ローンの審査

中古車ローンは、申込み時に行われる審査が厳しいと言われていることがあります。新車に比べると、中古車は担保として高い値段をつけることができませんので、審査がその分ハードになります。中古車だとしても、中にも人気の車種であれば、新車に劣らない価値のある車もあるので、ケースバイケースとなります。ローン審査が行われる場合に、必ず確認されるポイントは、年収や勤続年数などです。
もちろん少しでも年収が高いほど評価は高くなり、同じ年収であれば、派遣社員などの契約社員よりは、正社員のほうが有利になります。ローンの審査に少しでもパスしやすくしたい場合は、頭金を多くしておくといいでしょう。勤続年数が1年より少ない場合や、正社員ではない人、年収が多くないという人は要注意です。極端な話になりますが、200万円の中古車を購入するのに、180万円の頭金を用意していれば、ほとんどの場合に審査には通るでしょう。頭金はあればあるほどいいですから、審査に通りにくいと感じている人は、できるだけ頭金をつくっておきましょう。
銀行でお金を借りる場合には、信用情報に少しでも傷がついていると審査に通らない可能性もあります。中古車購入時にも利用できるディーラー系のローンなら、ブラックリストに入っている人でもなければ、安定した収入があればローンは組める可能性が高いです。過去の延滞は、無いに越したことはないので、普段から延滞はしないように気をつけておきましょう。返済トラブルを起こさないように注意をしておくことが、今後、ローンを組んで中古車を買いたいという時に審査に通りやすくなります。

ローン審査の確認事項

初めてローンの申し込みをする時には審査がありますが、審査の結果によっては融資が受けられないことがあります。審査をパスできれば融資を受けられて、審査にパスできなければ融資が受けられないという仕組みです。一人一人に対して、細かく審査をした上で、審査結果が出ます。
多くの人は、ローンの審査で金融会社がチェックしていることは、勤続年数が一定の長さであることや、年収だと思っています。融資を行う金融機関は、申込みをした人が貸したお金をきちんと返済をしてくれるかどうかをチェックしています。ある程度の収入がない限りは、借りたお金を返すことができないという視点に立って、年収を確認するわけです。そのため、経営が安定している企業なのか、倒産のリスクはどの程度あるかも審査の対象になります。
健康保険をきちんと支払っているかどうかを、返済能力と結びつけて考える金融会社もあります。そのため、ローンの審査では、大企業の健康保険組合に入っているかどうかが、審査内容に含まれます。もしも病気になったり、ケガを負ったりした場合は、医療費の補填が健康保険から受けられますが、国民健康保険は支払いが必要になっています。大手企業の健康保険は、強制的に給与から天引されるため医療費が補償されているので、返済の妨げになる可能性が低いと判断されるためです。申し込んだローンの審査結果が期待に沿わなかった場合、今までのキャッシング履歴にトラブルがあることや、この健康保険が関係していることもあります。