学資準備のためのローン

学資を捻出しなければいけなくなった場合、奨学金か、教育ローンという選択肢があります。民間の金融機関から借り入れが可能なものが教育ローンです。子供の学資にあてるお金を調達したい時に借り入れるものです。融資金の用途が最初から明確になっていますので、その分審査は通り安く、金利の設定も低いところが大半です。比較的借りやすい学資ローンであっても、大きな金額を借りる場合には、相応の信用力が必要になります。
ローンではなく、奨学金制度を利用してお金を借りるという方法もあります。奨学金の貸し付け型の場合には、本人が学資を借りるという形になります。貸し付け型で奨学金を利用する場合、利息をつけずに返済ができるタイプと、利息がつくタイプとがあります。利子がつくといっても、奨学金の金利は教育ローンの金利よりはずっと低いために、返済はスムーズに行うことが可能です。奨学金を利用する場合、貸し付け型の奨学金には連帯保証人をつけなければなりません。
連帯保証人として対象になるのは、申込みをする本人の親になります。借りた奨学金の返済義務は本人になるものの、最終的に返済ができなかった場合には、連帯保証人がその支払いをしなければなりません。社会人となってから大学に通うといった場合には、親の保証は必要なく、本人の収入に応じて学資を借りることが可能です。

銀行の学資ローン

民間の金融機関が融資している学資ローンは、公的機関のローンや奨学金が使えない人向きです。審査のハードルが比較的低く、その分、金利が多少高いことが、民間のローンの特徴といえます。また、公的金融機関から学資ローンを受けるだけでは足りない時に、補填目的で使うことも可能です。学資ローンで借りた分は、授業料や、入学金だけでなく、生活費や、教科書代などのも利用できます。
受験費用、制服やランドセルのような学用品の購入なども対象となっているので、子どもの教育に関する用途に幅広く使用できます。学資ローンで借りたお金は、寮生活で必要な支払いや、留学する時の費用など、色々なことに使えます。学資ローンの利用には、収入証明書を出さなければなりません。収入が低いと、学資ローンか利用できないことがありますが、パートや、アルバイトでも、融資を受けられることは十分にありえます。
また、他の金融機関から融資を受けているという人は、審査の結果に差し障るかもしれません。学資ローンを申し込む人の多くは親で、子供の教育資金を調達したいという事例が多いようです。返済期間は、銀行によってそれぞれ異なりますが、一般的な完済までの平均期間は3年ほどとなっているようです。返済を滞らせないためにも、確実な返済計画をつくり、将来の見通しを立ててから学資ローンを借りることです。

国の教育ローン

国の教育ローンで学資を得るには 学校に通うためには、学費などの費用が必要になるので、多くの人が教育ローンを利用しているようです。最も理想的な形は、入学費や、授業料がいくら必要かを事前に知っておき、コツコツと積み立てておくことです。近年では、何らかの事情で親の側の蓄えが乏しく、子供が進学を望んでいるけれど、そのためのお金が出してあげられないことがあります。では、資金がない家庭は進学を諦めなければならないのでしょうか。
方法としては、奨学金や公的な教育ローンがあります。国の教育ローンは、教育費用を得るためのいくつかの方法のうちの1つに数えられているものです。これは、使いみちを教育費用に限定した目的型のローンであり、日本政策金融効果が、子供の親に対して貸し付けるものです。借入れ可能金額は最高で350万円で、年利は2%程度の固定金利となっています。この教育ローンは、子供1人の場合、世帯の年収が790万円より低い家庭でなければ、融資は受けられないなどの前提条件が定められています。
自分の家庭が条件を満たしているか、確認するのが大変かもしれませんが、そこさえ何とかなれば、審査に通ること自体は難しくありません。国の教育ローンは、審査を通過するための要件自体はそれほど難しくはないため、信用力が高くないような人でも申し込みが可能です。銀行など窓口に行けば、教育ローンの申し込みに必要な手続きについても教えてもらえますので、まずは話をきいてみるのもいい方法です。実際に金融機関を訪れなくても、ネット環境があれば、ホームページの専用フォームから、教育ローンに関する申し込み手続きをすることができます。