住宅ローンで購入したマンションの控除

多くの人は、マンションを買うためのお金を、住宅ローンの融資から得ているのではないでしょうか。税金の控除の中には住宅ローン控除があり、マンションを買うために住宅ローンを借りると、この控除が受けられることがあります。条件をクリアしているか確認する必要がありますが、築年数などに問題がなければ、中古マンションの場合でも控除はしてもらえます。住宅ローン控除と呼ばれている減税措置は、10年という長い期間に渡って、所得税の減額してくれるものなので、利用しない手はありません。
マンション購入を検討している方は、住宅ローン減税についても、しっかり理解しておくことをおすすめします。年末の時点で、住宅ローンの残高に対する1%が、住宅ローン控除になります。仮に、住宅ローンの残高が、年末の段階で3,000万円あれば、1%に相当する30万円が住宅ローン控除の金額になります。住宅ローン控除額は、所得税の金額から引きます。所得税で引き切れなかったら、住民税からも引きます。配偶者が、住宅ローンの連帯保証人になっていると控除対象にできませんが、連帯債務者になっていれば控除対象になりますので、その点も理解しておきましょう。
住宅ローン控除を受けられるのは、10年間であり、最大で400万円まで減税を受けることができます。マンションの購入費用は平均すると3,000万円から4,000万円程度なので、最大の400万円を超えることは無いでしょうが、メリットが十分にあります。住宅ローン減税について、大まかな仕組みを理解しておくことで、新しくマンションを買う時には、どんな点に注意をして住宅ローンを組めばいいかがわかります。

住宅ローン控除

住宅ローン控除の仕組みを知っておくことで、住宅ローンを利用した時に、お金をやりくりするための方法を知ることができます。もしも、住居を新しく購入する時に住宅ローンを使うことになったのに、住宅ローン控除について知らないと、気づかぬうちに損をします。ローンの返済が少しでもやりやすくなるようにバックアップをするというのが、住宅ローン控除というシステムがある理由です。
制度の内容は、年末の住宅ローン残高と住宅の取得対価の内で、少ない方の金額の1%をその年の所得税から10年間控除してくれるというものです。もし所得税から控除しきれない場合には、住民税からもこれを一部控除してくれるケースもあり、その分だけ税金が安くなる大変ありがたい制度です。年末に住宅ローン残高を確認する時は、金額の上限があらかじめ決まっています。また、入居した年に手続きを行う必要があります。何年に家を買ったのかで、所得税の控除金額が全然違ってきますので、その点だけは理解しておくことが後々大事にことなります。現時点では、住宅ローンの控除は400万円までとになっていましたが、平成26年までは、住宅ローンの控除は200万円と定められています。
どうしてこんなに変化したのかといえば、平成26年には消費税率の引き上げが起こり、住宅ローン控除の仕組みも変わりました。住宅ローン控除を受けるには、自分で税務署に対して確定申告を行わなければならず、制度について理解しておく必要があります。確定申告をするまでは大変かも知れませんが、所得税や場合によっては住民税も安くなるので、この制度を利用しない手はありません。住宅ローンの控除の仕組みを理解して、正しく申請を出すことができれば、最長10年もの間、住民性や、所得税を減らすことができます。

住宅ローン控除の対象と還付金

納税額に対して、住宅ローンの控除がいくらくらいになるのか、新しく住宅ローンを検討している人にとっては、とても重要なことです。住宅ローンはどのように控除されるかや、還付金額について、最初から詳しいという人は滅多にいません。不動産を購入した時や、リフォームなどの目的で住宅ローンの融資を受けた時は、控除の対象になる可能性があります。所得税から差し引かれる住宅ローン控除の額は、ローンを組んだ年からずっと、10年~15年は続くという形です。
また、還付金が存在すれば、税務署に必要書類を提出して申告することで、後日還付を受けることができます。還付とは収めた税金が戻ってくるということなので、知らないままで申告していなければ、損をしてしまうことになります。住宅ローン控除を決めるのは、住宅ローンの返済残高です。住み始めた年の年末の時点で計算できる数字が使われています。新しい家に住み始めた年と、住み始めから何年が経過したかによって、0.5から1.0%くらいが対象額になります。
ただし、控除の金額には上限が決まっていますので、年末のローン残高がどれだけ高くても、金額か増えすぎることはありません。控除額として計算した金額がそのまま適用されるのではなく、上限額と比較して、少ないほうの金額が使われるわけです。この減税措置による還付金は、源泉徴収された税額が控除可能な限度額を上回っていれば、その限度額が還付金となります。反対に下回っていれば、源泉徴収された所得税の税額が還付されるので、対象をなる人は住宅ローン控除の手続きをするようにしましょう。

住宅ローンの税金控除

住宅を購入する際に住宅ローンを利用する人は多いと思いますが、住宅ローン控除のことを詳しく知っている人は多くないようです。住宅ローンを利用すると、税金が一部控除される可能性があることは意外とマイナーな知識です。税金の控除について詳しく知らないという人が多いのは、会社に勤めていると会社が年末調整等をしているからでしょう。住宅ローン控除は、確定申告によって申し込みができるものなので、会社に勤めている人にとっては手続き自体が縁遠いものです。
住宅ローンを利用した人のうち、条件OKが出ている人なら、住宅ローンの残高に応じて、税金からの控除額が決定します。単に住宅を建てればよいというものではなく、第一に自分で住むものであること、また10年以上の期間でローンを返済するというのが条件となります。利用している住宅ローンの金額により、控除額も異なるので、注意する必要があります。住み始めた年の、住宅ローン残高の1%が、住宅ローン控除として適用されるようになっています。
ただ待っていればいいものではなく、自分で確定申告の手続きをして、住宅ローン控除額を申請しなければ、適用はされません。確定申告で必要な書類としては、住宅ローンの残高の証明書、購入した物件の不動産売買契約書のコピー、登記事項の証明書などを提出しなければなりません。勤めている企業が、今までは手続きをしていたので、税務署に行って確定申告をしたことがないという人もいるようです。はじめて住宅ローン控除の手続きをする場合には、あらかじめ自分で税務署に行って相談をしてみることをおすすめします。

住宅ローン選び

住宅ローンをどうするかは、新規に家や土地を買う人が、考慮しなければいけないことです。家を購入するにはまとまったお金が必要になるので、住宅ローンを利用する場合がほとんどでしょう。住宅ローンを選ぶ際に一番きになることは、ローンの金利です。ローンの金利とは、借入金に対していくらの利息がつくかを算出するための数字ですので、低ければ低いほど望ましいものです。
住宅ローンは、大口の借り入れになる上に、完済まで長い時間を要するものがほとんどですので、わずかな金利差でも利息の差は大きくなります。数年ごとに金利が見直される変動金利制と、完済まで金利が変わらない固定金利制のどちらかを選ぶことになります。必ずどちらか片方を選ばなければいけないわけではなく、序盤は固定金利で後から変動金利になるタイプや、変動金利と固定金利を半分ずつにするタイプもあります。住宅ローンを選択する際、金利は最重要項目でもあるので、金利の種類によるメリットやデメリットについて確認しておきましょう。最終的に同じ額を返済するという見方をすると、当然のことながら住宅ローンの金利が低いほうが価格の高い住宅を購入できるということになります。
変動金利タイプや、固定期間選択型の金利のほうが、固定金利型の住宅ローンよりも金利が低く設定されていますが、後々金利が上がるリスクがあります。全期間の間固定金利で借りる場合は、変動型よりも高金利になりますが、最後まで決まっている金利で返済なので、見通しが立てやすくなります。変動金利で借りるか、固定金利で借りるかも、住宅ローンを選ぶ時には考えなければいけない部分になります。

住宅ローンの返済方法

住宅ローンの返済には、大きく分けると元利均等返済と、元金均等返済があります。両者がどう異なるのかを把握している人は多くないようです。工務店を選び、場所や住宅のプランを決め、将来のライフサイクルを見直すなど、家を買う時には住宅ローンと並んで、決めるべきことがいっぱいあります。元利均等返済とか元金均等返済とか聞くだけでも難しく感じられるので、できれば遠慮したいところです。
契約を交わしてから、やっぱりやめればよかったと思わないように、きちんと内容を理解しておきたいものです。住宅ローンでは月毎に決まった金額を返済していくことになりますが、合計額は毎月同じになるように、元金と利息を決めるのが元利均等です。毎月返済する金額は、金利が据え置かれている限りは、毎月同じ金額を返していくことになります。一見すると、毎月同じ金額をずっと返し続けていくことで完済できるというわかりやすい住宅ローンの返済方法なりますが、その実、利息と元金の割合が少しずつ変わっていきます。最初のうちは、利息の返済割合が多くなりますが、だんだんと元金の返済のほうが多くなっていくという構造になります。元金均等返済の場合には、返済する住宅ローンのうち元金部分が均等になっています。
元金均等方式は、返済する元金が決まっているので、支払う利息が多ければ多いほど、月ごとの返済金額が変わっていくという形になります。返済をやり始めたころは元金も大きいので利息も大きいですが、返済が進み、元金残高が減っていくと、利息の金額自体が少なくなります。元金返済方式で返済をすることで、返済が始まったばかりは月々の返済金額も大きいですが、返済が進めば進むほど、毎月の負担額が減るという強みがあります。