住宅ローンで購入したマンションの控除

多くの人は、マンションを買うためのお金を、住宅ローンの融資から得ているのではないでしょうか。税金の控除の中には住宅ローン控除があり、マンションを買うために住宅ローンを借りると、この控除が受けられることがあります。条件をクリアしているか確認する必要がありますが、築年数などに問題がなければ、中古マンションの場合でも控除はしてもらえます。住宅ローン控除と呼ばれている減税措置は、10年という長い期間に渡って、所得税の減額してくれるものなので、利用しない手はありません。
マンション購入を検討している方は、住宅ローン減税についても、しっかり理解しておくことをおすすめします。年末の時点で、住宅ローンの残高に対する1%が、住宅ローン控除になります。仮に、住宅ローンの残高が、年末の段階で3,000万円あれば、1%に相当する30万円が住宅ローン控除の金額になります。住宅ローン控除額は、所得税の金額から引きます。所得税で引き切れなかったら、住民税からも引きます。配偶者が、住宅ローンの連帯保証人になっていると控除対象にできませんが、連帯債務者になっていれば控除対象になりますので、その点も理解しておきましょう。
住宅ローン控除を受けられるのは、10年間であり、最大で400万円まで減税を受けることができます。マンションの購入費用は平均すると3,000万円から4,000万円程度なので、最大の400万円を超えることは無いでしょうが、メリットが十分にあります。住宅ローン減税について、大まかな仕組みを理解しておくことで、新しくマンションを買う時には、どんな点に注意をして住宅ローンを組めばいいかがわかります。