オートローンの金利の種類

自動車を買う人のうち、70%が購入資金としてオートローン等の融資を受けているといいます。新しく車を買おうとすると、どうしても高い買い物になります。一度にまとめて払うという買い方をする人は少ないようです。オートローンとは、つまり金融会社から借金をするということです。
返済時には、事前の取り決めに従って利息を足した金額を支払います。金利が何%での貸付を行っているかが、オートローンを選ぶ時には、とても重要な部分です。金利だけを見ると数%なので、どこのオートローンを利用してもあまり大差ないと思われがちです。まとまった金額を借りるオートローンの場合、完済までの期間が長くなればなるほど、金利によって生じる利息の違いはかなりになります。金利を甘く見ないで、オートローンを検討する時にはよく目を通すようにする必要があるでしょう。オートローンを取り扱っている金融会社によって、金利は違いますが、ディーラーが勧めるオートローンは高金利になりがちです。
自動車を購入する時に、ディーラーのお勧めのままにオートローンを組み、車の下取りをしてもらい、オプションをつけるととてもお得に感じます。しかし、自動車を購入する場合は、ディーラーとは割引やオプションの話をして、下取りや、オートローンは個別に検討したほうが、よりよいところが探しやすくなります。多くの販売店がメーカー系のクレジツトとして割賦販売をしています。しかも、これは販売店の成績となりコミッション収入を受け取っています。インターネット銀行でも、オートローン融資ができるところがあります。ネットから申し込みができて、金利も1%台という非常に低金利で貸し付けています。