住宅ローン控除

住宅ローン控除の仕組みを知っておくことで、住宅ローンを利用した時に、お金をやりくりするための方法を知ることができます。もしも、住居を新しく購入する時に住宅ローンを使うことになったのに、住宅ローン控除について知らないと、気づかぬうちに損をします。ローンの返済が少しでもやりやすくなるようにバックアップをするというのが、住宅ローン控除というシステムがある理由です。
制度の内容は、年末の住宅ローン残高と住宅の取得対価の内で、少ない方の金額の1%をその年の所得税から10年間控除してくれるというものです。もし所得税から控除しきれない場合には、住民税からもこれを一部控除してくれるケースもあり、その分だけ税金が安くなる大変ありがたい制度です。年末に住宅ローン残高を確認する時は、金額の上限があらかじめ決まっています。また、入居した年に手続きを行う必要があります。何年に家を買ったのかで、所得税の控除金額が全然違ってきますので、その点だけは理解しておくことが後々大事にことなります。現時点では、住宅ローンの控除は400万円までとになっていましたが、平成26年までは、住宅ローンの控除は200万円と定められています。
どうしてこんなに変化したのかといえば、平成26年には消費税率の引き上げが起こり、住宅ローン控除の仕組みも変わりました。住宅ローン控除を受けるには、自分で税務署に対して確定申告を行わなければならず、制度について理解しておく必要があります。確定申告をするまでは大変かも知れませんが、所得税や場合によっては住民税も安くなるので、この制度を利用しない手はありません。住宅ローンの控除の仕組みを理解して、正しく申請を出すことができれば、最長10年もの間、住民性や、所得税を減らすことができます。