中古車購入ローンの金利

安い金額で購入できるからと、新車ではなく、中古車を買う人は大勢います。状態の良い中古車でも、新車の場合に比べ安く購入できる点は、中古車を選択する一番のメリットです。とはいえ、中古車といってもそれなりのお値段はしますので、中古車ローンを組んで車を買う人はたくさんいます。最近では、新古車という登録されただけの車両が販売されていることも多く、中古車販売店でも人気となっています。
同じ車種を新車と中古車で比較してみた場合、中古車のほうがずっと安い価格で買うことが可能です。新車より価格が安いとはいえ、その場で決済を済ませられるほどの金額ではなく、場合によってはローンも必要です。中古車の購入を目的にローンの申し込みをするなら、金利面は大事です。販売価格が新車より安いと思って購入を決めても、ローンを組んだ場合の総額では新車の方が安かったということも十分に起こり得るからです。
新車を買う時には自動車のディーラーから買うことが多いため、ディーラーの紹介する自動車ローンも中古車のローンとは違います。自動車メーカーは大手企業でもあり、金融機関との結びつきが強く、特別な利率で自動車のローンが組める場合が少なくありません。ローンを組んで新車を買った場合と、ローンを組んで中古車を買った場合で、新車のほうが金利のいいローンが組めると、支払うお金も安く済むということがあります。新車を購入する場合と、中古車を購入する場合で、最終的な支払金額はどちらのほうが安くなるのか、最後までよく計算してから手続きをとりましょう。