住宅ローンの税金控除

住宅を購入する際に住宅ローンを利用する人は多いと思いますが、住宅ローン控除のことを詳しく知っている人は多くないようです。住宅ローンを利用すると、税金が一部控除される可能性があることは意外とマイナーな知識です。税金の控除について詳しく知らないという人が多いのは、会社に勤めていると会社が年末調整等をしているからでしょう。住宅ローン控除は、確定申告によって申し込みができるものなので、会社に勤めている人にとっては手続き自体が縁遠いものです。
住宅ローンを利用した人のうち、条件OKが出ている人なら、住宅ローンの残高に応じて、税金からの控除額が決定します。単に住宅を建てればよいというものではなく、第一に自分で住むものであること、また10年以上の期間でローンを返済するというのが条件となります。利用している住宅ローンの金額により、控除額も異なるので、注意する必要があります。住み始めた年の、住宅ローン残高の1%が、住宅ローン控除として適用されるようになっています。
ただ待っていればいいものではなく、自分で確定申告の手続きをして、住宅ローン控除額を申請しなければ、適用はされません。確定申告で必要な書類としては、住宅ローンの残高の証明書、購入した物件の不動産売買契約書のコピー、登記事項の証明書などを提出しなければなりません。勤めている企業が、今までは手続きをしていたので、税務署に行って確定申告をしたことがないという人もいるようです。はじめて住宅ローン控除の手続きをする場合には、あらかじめ自分で税務署に行って相談をしてみることをおすすめします。