ローンの担保

担保を用意することで、高額のローンを利用するという手段があります。担保があれば、返済不能に陥った場合でも担保を売却するという手段が残りますので、ローン会社としては安全策になりえるのです。担保は大きく分けると2種類あります。1つは物的担保、もう1つは人的担保です。
連帯保証人や、連帯債務者が人的担保であり、不動産や、証券が物的担保です。もしも、借りたお金が返せなくなると、物的担保を売り払って、そのお金が返済になります。お金を借りる時に、万が一借りたお金が返せなかったら、この土地や証券を売り払って返済費用に回しますという取り決めを交わすのです。物的担保のいいところは、どのくらいの価値があるか大体見積もれるという点です。いい担保を用意することができれば、貸付金利も低くしてもらえますし、まとまった金額を長期間借りることも可能になります。
もしも担保として物件を提示した場合、審査の時点で担保の価値を評価してもらい、妥当な条件を割り出した上での貸し付けになります。新しく家を建てる時には物的担保を使いやすいのは、土地や建物は債権回収がやりやすいためです。ただし、担保を用意した時のローンの審査はどうしても時間がかかっていますまので、まとまったお金を借りたい時にかやりません。担保を立ててのローンは、教育ローンや、現時点でのローン返済にあてる人もいます。